知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】 - Start your Engine!!





"知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】"のYouTube動画詳細情報


知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】


知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】

,#知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】 知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】 Website:http://autocarmagazine247.com/ .AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy 2006年に施行された「駐車違反金制度」。それまでの駐車違反取り締まりの常識を根底から覆すことになったことは言うまでも無い。実は、道路交通法上では立派な犯罪である駐車違反に対し、ドライバーに反省を促すことなく、所有者がお金駐車違反金を払えばチャラという、とんでもない制度でなのだ。 が、未だに20%の違反者が警察に出頭し、反則金と基礎点数を科せられているというのも事実。ここは素直に警察が決めた制度に従い、自分のクルマに黄色い標章が貼られても、間違っても出頭するなんて事の無いように! 出頭すると、とんでもない損をこうむることになります! 出頭するとどうなるか、はこちら! 平成29年度の速度取り締まり件数は、1,478,281件。その超過速度別内訳は、なんと、15kmh以上が99.9968%を占めている。15kmh未満は、わずか24件に過ぎないのだ。統計学上、これはゼロに等しい。つまり、15kmh未満での検挙は、例外中の例外というわけだ。 とはいえ、だから「15kmh未満であれば違反をしてもかまわない」ということにはならないが、それがあくまでも流れに乗った速度であれば、取り締まりを受ける心配は無用ともいえる。警察も、職務上、「1kmhでも違反は違反」という立場に立たざるを得ないが、実は、実勢速度を理解し、それを乱すようなクルマを取り締まりの対象としているというのも事実だ。 超過速度別検挙数の詳細分析は、こちら! ドライブレコーダーの国内シェアNO.1と言われているJVCケンウッドのドライブレコーダー、DRVシリーズには前後撮影タイプがラインナップ。 2018年、前期のあおり運転検挙数は6,130件。前年が3,057件だから、1年で倍増したことになる。が、この数字は、2017年に起こった、東名高速あおり事故をきっかけに、警察が本気で取り締まりを始めたためであり
動画ID:OAGA2u4Cwjg
投稿日時:2019年02月12日 11時44分
再生回数:3 回
コメント数:0
高く評価した人の数:0人
低く評価した人の数:0人


"知らないと損する、知ってると得する、交通取り締まり対処法!【交通取締情報】" の関連お勧め情報 検索結果




↑ PAGE TOP