MotoGP vs SBK 徹底比較 どっちが最強 最速? マルク・マルケス vs ジョナサンレイの対決が見たいです。 - Start your Engine!!





"MotoGP vs SBK 徹底比較 どっちが最強 最速? マルク・マルケス vs ジョナサンレイの対決が見たいです。" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"MotoGP vs SBK 徹底比較 どっちが最強 最速? マルク・マルケス vs ジョナサンレイの対決が見たいです。"のYouTube動画詳細情報


MotoGP vs SBK 徹底比較 どっちが最強 最速? マルク・マルケス vs ジョナサンレイの対決が見たいです。


MotoGP vs SBK 徹底比較 どっちが最強 最速? マルク・マルケス vs ジョナサンレイの対決が見たいです。

チャンネル登録お願いします。 → http://u0u1.net/QWo0 ★この動画の記事は下記サイトより引用させて頂いいます。 ●https://www.redbull.com/jp-ja/superbike-vs-motogp-differences ●MotoGP ●徹底比較:MotoGP vs. スーパーバイク世界選手権 ●Written by Adam Simpson #MotoGP #SBK #MotoGPvsSBK SBK スーパーバイク世界選手権 スーパーバイク世界選手権(スーパーバイクせかいせんしゅけん、 SBK、もしくはWorld Superbike Championship(略称:WSB))とは、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が主催する、4ストロークの2・3・4気筒エンジン搭載の市販車を改造したオートバイで競うレース。 スティーブ・マクラフリンが発案し、1988年から始まった。レース専用に特化した車両ではなく、より選手の能力、技能で争われるように市販車をベースとした改造車両で行われる。 1大会につき2レース開催。予選結果は2つのレース両方のスターティンググリッドに適用される。決勝前々日の午後と前日の午前に計時予選を行い、下位のグリッドはこの2つの予選で決定されるが、予選上位(2012年現在16台)のライダーは決勝前日午後のスーパーポールと呼ばれるセッションに進出、最終的なグリッドはこのセッションでのタイムにより決定される。 かつては鈴鹿8時間耐久レースの予選スペシャルステージ同様、1台ずつのタイムアタックであったが、2009年からノックアウト方式の3セッション(ウエット宣言された場合は2セッション)に変更された。 SP1、SP2でそれぞれ下位4台が脱落、SP3は8台で競われる。このスーパーポールにはライダー毎に2本の予選タイヤが供給される。この予選タイヤはレースタイヤに比べ温まりが早くグリップも強力で、劇的なタイムの短縮が期待できるが、ライフは極めて短い。この2本の予選タイヤを3つのセッションにどう割り当てるかといった戦略も現行のスーパーポールの見所の一つになっている。 出場できる車両は、市販車で150台以上販売された4ストロークの二輪車。当初は排気量が4気筒は750ccまで、2気筒が1,000ccまで、改造範囲も厳しく制限されていた。 これは、より公平なレースを行うためであったが、このレギュレーションでの末期には表彰台は2気筒勢が独占するようになってしまい、必ずしも公平だったかどうかは疑問が残る。 レギュレーションは市販車の動向の影響を大きく受けており、日本製1000ccスーパースポーツ車の人気の高まりにより2004年に排気量は、2気筒4気筒車とも1,000ccまでに変更されたが、 有力な市販車の存在しない3気筒車は900ccのままであった。さらにドゥカティが1,000ccの999から1,200ccの1098にモデルチェンジする事になり、これを参戦させるため2008年から、 2気筒車の排気量制限が1,200ccまでに変更された(排気量が大きい分改造範囲は4気筒1,000ccよりも狭くなった)。エンジン出力は200馬力を上回り、その最高速度はサーキットによっては340km/h近くに達する。 かつてはミシュラン、ダンロップ等複数のタイヤメーカーが参戦していたが、2004年からワンメイク化されピレリの独占供給となった。 世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーの旗艦モデルを投入し、レースに参戦しながら技術を競い市販車にフィードバック、市場の拡大に繋げるために切磋琢磨しており、2019年現在、ホンダ(CBR1000RR)、カワサキ(ZX-10R)、ドゥカティ(パニガーレV4R)、アプリリア(RSV4)、BMW(S1000RR)、MVアグスタ(F4)、ヤマハ(YZF-R1)の各マシンが参戦している。 ライダーも世界各国のトップライダーが集い、上位ライダーはMotoGPへ参戦することもある。しかし、チャンピオンを獲得してもマシン特性の違いからMotoGPでは上位争いに加われないケースも多く、ライディングスタイルを変更するライダーも多い。一方、MotoGPに比べベテランライダーも十分に活躍できるため、近年はMotoGPでシートを失ったベテランライダーの次の活躍の場となっている。 スーパースポーツ世界選手権とスーパーストック1000FIMカップ(ヨーロッパラウンドのみ)、スーパーストック600ヨーロッパ選手権(ヨーロッパラウンドのみ)が併催されている。 2003年まではサイドカー世界選手権も併催されていた。 2010年、全日本ロードレース選手権を撤退したヨシムラがスポットながら参戦を決定しており、2011年にはフル参戦も検討していたが、前年と同様のスポット参戦となった。 2012年は前年までBSBに参戦していたクレセント・スズキがスーパーバイク世界選手権へと参戦するのに伴い、同チームの車両のエンジン及びエキゾーストシステム担当として参戦した。 なお2016年シーズンのスズキは参戦を休止している。 日本では1988年より2003年までスポーツランドSUGOで日本大会が開催されていた。日本人ライダーも優勝や表彰台はあるものの、2016年現在チャンピオンには手が届いていない。 2018年 FIMはカワサキのZX-10RRの上限回転数が、14100回転と定めた。これはライバルメーカーのマシンに対して、最大600回転のハンデを負うものだった。 2019年 FIMは上限回転数が カワサキZX-10RRが14600回転、ドゥカティ パニガーレV4Rが16350回転、BMW S1000RRが14900回転、HONDA CBR1000RRは14550回転、YAMAHA YZF R1 14700回転と決めた。 ZX-10RRとパニガーレV4Rとの間には、1750回転の差がある もっとも回転数が抑えられているHONDAとは1800回転の差となる。 3戦が終わった後にFIMはドゥカティに250回転下げ、HONDAに500回転上げるように上限回転数の制限を変更した それでもドゥカティとカワサキの差は1500回転あり、HONDAとは1050回転の差がある。 歴代チャンピオン 年 ライダー 国籍 メーカー/マシン マニファクチャラー 2015年~2018年 ジョナサン・レイ イギリスの旗イギリス カワサキ/ZX-10R 2014年 シルバン・ギュントーリ フランスの旗フランス アプリリア/RSV4 2013年 トム・サイクス イギリスの旗イギリス カワサキ/ZX-10R アプリリア 2012年 マックス・ビアッジ イタリアの旗イタリア アプリリア/RSV4 2011年 カルロス・チェカ スペインの旗スペイン ドゥカティ/1198R 2010年 マックス・ビアッジ イタリアの旗イタリア アプリリア/RSV4 2009年 ベン・スピーズ アメリカ合衆国の旗アメリカ ヤマハ/YZF-R1 ヤマハ 2008年 トロイ・ベイリス オーストラリアの旗オーストラリア ドゥカティ/DUCATI 1098 F08 2007年 ジェームス・トスランド イギリスの旗イギリス ホンダ/CBR1000RR 2006年 トロイ・ベイリス オーストラリアの旗オーストラリア ドゥカティ/DUCATI 999 F06 2005年 トロイ・コーサー オーストラリアの旗オーストラリア スズキ/GSX-R1000 2004年 ジェームス・トスランド イギリスの旗イギリス ドゥカティ/DUCATI 999 F04 2003年 ニール・ホジソン イギリスの旗イギリス ドゥカティ/DUCATI 999 F03 2002年 コーリン・エドワーズ アメリカ合衆国の旗アメリカ ホンダ/VTR1000SP-2 2001年 トロイ・ベイリス オーストラリアの旗オーストラリア /DUCATI 996R 2000年 コーリン・エドワーズ アメリカ合衆国の旗アメリカ ホンダ/VTR1000SP MotoGP ロードレース世界選手権(ロードレースせかいせんしゅけん)は、オートバイによるモータースポーツ。国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が統括し、1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである。 現在はドルナ社(DORNA)が各種権利等を管理している。 かつての正式名称は『FIM Road Racing World Championship Grand Prix』で、2016年シーズンより「Road Racing」の表記が外され、『FIM Grand Prix World Championship』という正式名称を用いている。 シリーズの略称は2001年まではWGP(World Grand Prixの略)や、日本では世界GPや世界グランプリなどが一般的だったが、2002年に最高峰の500ccクラスがMotoGPクラスに改編されたのを機に、現在はシリーズ全体の略称にもMotoGP (モトジーピー)が使われる場合が多い。 現在は、レース専用に開発された二輪車を用い、レース専用に建設された世界各地のサーキットを転戦し、ライダーとマシンの速さを競うという内容になっている。 かつては公道用市販車を改造したマシンも出場しており、公道を封鎖したコースも数多く使用されていた。 選手権はエンジンの排気量別に3つのクラスに分かれており、MotoGPクラスは4ストローク1000cc、Moto2クラスは2019年より3気筒4ストローク765cc(トライアンフのワンメイクエンジン)、Moto3クラスは単気筒4ストロークの250ccエンジンを使用する。 選手権のトップカテゴリー。発足より990cc → 800ccと最大排気量が変更されてきたが、2012年シーズンから1000ccに拡大された。シリンダー数4気筒以下、最大ボア径81mmの、 4ストロークレシプロエンジンを使用する(2ストロークは禁止)。楕円ピストンエンジンの使用は禁じられている。最低車両重量は1000ccの場合157kg、従来の800ccエンジンを使用する場合は150kgとなる。 引き続き年間使用エンジン数は6基、燃料タンク容量は21Lに制限される。使用されるシャシーおよびエンジンはプロトタイプ(レース専用)が原則であるが、2012年より実施されたCRTでは市販車ベースの物が認められた。 なおタイヤは、2009年から2015年までブリヂストンのワンメイクであったが[6]2016年よりミシュランにスイッチされる。 かつてはイルモア、WCMといったプライベーターがオリジナルマシンで参戦していたほか、カワサキがワークス・チームを送り込んでいたが、2017年現在出場しているのはヤマハ、ホンダ、スズキ、ドゥカティ、アプリリア、KTMの6メーカーと、ワークスマシンの貸与等を受けられるサテライトチームとなっている。 近年のチャンピオン 2018 スペイン マルク・マルケス (ホンダ) 2015 スペイン ホルヘ・ロレンソ (ヤマハ) 2011 オーストラリア ケーシー・ストーナー (ホンダ) 2009 イタリア バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ) 説明文はWikipediaをそのまま引用させて頂いています。 ●MotoGPとSBKの違い 同じバイクレースで同じ世界選手権、MotoGPと何が違うの?とお思いのそこのあなた! めっちゃ簡単にざっくりと説明しますのでご一読を。 レースの為だけに造られたバイクを使ってレースをするMotoGPとは違い、スーパーバイク選手権(SBK)では私たちがお店で買える市販車をベースに改造したバイクでレースを行います。 スーパーバイク選手権では4ストローク2気筒1200cc以下のバイクか、3・4気筒1000cc以下のエンジンを搭載した市販車ベースで参加。
動画ID:hkL8o_ER71M
投稿日時:2019年09月22日 22時52分
再生回数:128,239 回
コメント数:34
高く評価した人の数:446人
低く評価した人の数:121人


"MotoGP vs SBK 徹底比較 どっちが最強 最速? マルク・マルケス vs ジョナサンレイの対決が見たいです。" の関連お勧め情報 検索結果




↑ PAGE TOP